スキンケアに力を入れている男性芸能人の方(複数人)が、自宅でパックをしている様子やネイルサロンでお手入れをしてもらっている様子をテレビで何度か拝見したことがあるのですが、正直違和感を感じました。確かに、肌や爪はきれいな方が良いですがそこまではといった感じです。

髪の毛をターバンでとめて鏡の前でパックしている姿や、指先を伸ばし、それを覗くように自分の手を見ている姿は、どうも女性らしく見えてしまうのです。
普段男らしいイメージがある方なら、かなりのギャップがあると思います。
もちろん、だらしなく肌や爪が汚いよりはちゃんとお手入れしているほうが良いとは思いますが、そのやり方を男性なら男性らしいスキンケア方法があると思います。
例えば、化粧水を両手でパンパンとはたく感じや、やすりで爪をさっさと磨くとか、男性のヘアメンテに特化したメンズ用シャンプーを使うなど、きれい好きなのに男らしいは一番魅力的に感じます。

男らしさを忘れてエスカレートすると、女性化していくことに麻痺するのではないでしょうか。
ぴかぴかの肌やきらきらの爪より、自然に清潔な男性が一番です。